仕事内容の理解を深めることが仕事を探す上で大切になる

転職しようと思ったら始めたいこと

自分のスキルアップや違う道に進もうと考えた時に、転職を考える人は多いのではないでしょうか。この時に働きたい職場の現状や、仕事内容を把握することはとても大切な事です。

求められているものを知ろう

男女

未経験でも出来る仕事

貿易事務の仕事は資格がないと出来ないと、最初から諦めてはいけません。なぜなら未経験でも始められる仕事だからです。ここでは、貿易事務の仕事を始めようと思った方に向けた内容が記載されています。

READ MORE
作業現場

鳶職の求人

ここでは、鳶職人の求人についてお話しています。転職で鳶職を希望した時に必要な情報をわかりやすくまとめています。他にも鳶職についての素朴な疑問についてお答えしているコーナーもあります。

READ MORE
面接

貿易事務が向いているタイプ

転職をしたいと思った時に、興味がある仕事だけど本当に自分に向いている仕事かどうか不安になりますよね。こちらのページでは、貿易事務に向いている人物像を解説しているので自分が当てはまるかをチェック出来ます。

READ MORE
作業員

鳶職について

鳶職の仕事は、知っているようで知らないことが多い仕事です。だからこそ、一日を通してどんな仕事内容をしているのか知ることが大切です。他にも鳶職の仕事について基本的な事を学べます。

READ MORE

情報を掴んでいくこと

仕事を始める前というのは、何も知らない0からのスタートなので緊張してしまうものです。しかし、少しでも一日のスケジュールを把握していれば不安要素を取り除けるでしょう。

貿易事務のスケジュール

メールチェックから始める

貿易事務は一般的な会社の出社時間と変わりはありません。そのため一般企業から転職した際も不慣れな面はあまり感じないでしょう。出社したら、まず海外の取引先からのメールがないか確認作業が始まります。メールの内容によってはその時間のうちに返信作業を行います。

報告業務をこなしていく

同じ貿易事務といっても仕事内容や流れが多少異なりますが、貿易に関わる貨物に関する指示や請求書などを担当者に送るといった業務をこなしていきます。貨物運行の予定通りに進んでいるかの確認を行なって、急ぎの件が終了すればお昼休憩を取ります。

スケジュール管理と交渉

出荷予定などの管理も任されているので、電話での交渉などを行います。この時に、スケジュール通り作業が進んでいるかチェックをしていきます。希望の納期に間に合うようにスケジュール管理や交渉力が求められる仕事でもあることがわかります。

定期的に会議が行われる

貿易をより良いものにするためにも、会議は定期的に行われます。物流の流れの問題点をあげていき向上出来るポイントを探すために必要な作業となっています。会議が終了すれば、残っている納品の指示を終わらせて、退勤します。

鳶職人の現状を知る

男性

平均年収を知ろう

鳶職人の給料は固定給でないことが多いです。そのため、日給月給制で賃金が支払われています。現場は常に天候と関係していることから、実際に業務を行なった分だけの賃金しか発生しません。年収で表すと、普通鳶職人で約400万円台となっています。年数を重ねた先輩職長になると、約600万円台にまであがります。

年齢層は高い

鳶職人の平均年齢は40代の方が多いです。このことからわかるように、年齢の高い方が多く若者が少ないのが現状です。だからこそ、若者の鳶求人は最も需要が高いです。千葉県でも鳶求人は多いので、始めてみたいと思ったら探してみると良いです。

広告募集中